写真いろいろ

2015年度 夏〜秋
  2015年6月〜2015年10月




玉ねぎやニンニクの収穫。今年は6月7日頃から収穫を開始して、11日に全種の収穫を完了しました。例年より若干早め。この時期はお天気が崩れやすいので、天気予報と作物の状態を勘案して収穫時を見極めます。肥料好きと言われる玉ねぎですが、無肥料でも安定して収穫できるようになってきました。 (2015年6月上旬撮影)





初夏の畑の様子。左からズッキーニ、収穫終盤の葉物の畝、かぼちゃ、トマト、さつまいも。(2015年6月下旬撮影)






7月になると他の産地で葉物類が少なくなる時期なので、当農場では、この頃にも数種類の葉物類が出荷できるように作付けしています。上から、ラディッシュ、サニーレタス、セロリ。セロリは小ぶりで葉を食べるタイプのものですが、なかなか好評。暑くなってきますので、サラダが食べたくなる気分にもなります。(2015年7月上〜下旬撮影)




収穫期前半のズッキーニ。ズッキーニは毎日収穫しながら手入れをします。良く手入れをしていれば、5月に植えたものでも10月下旬まで収穫できます。成育旺盛な時期は次々と実を太らせますので日によっては、朝夕2回収穫に入ります。若尾農場では年に3回くらい時期をずらして作付けし6月〜10月下旬まで出荷しています。(2015年7月下旬撮影)




夏から秋にかけては、とても忙しかったので、ほとんど毎朝サンドイッチをつくってもらっていました。朝食を食べながら仕事の準備。この日はボリューム満天のバケットサンド。初夏はルッコラや水菜やラディッシュ、サニーレタス。夏場は、きゅうりやトマトやズッキーニ等々。卵やハムが入っていると嬉しい。(2015年9月上旬撮影)




夏場に播く種は下ごしらえが肝心。白菜やキャベツは半日浸水。サニーレタスは浸水に加え、低温にさらして休眠を解除させます。ひと手間加えるか否かで発芽率が全く変わってきます。(2015年8月下旬撮影)




(当農場の田んぼではありませんが。)比志集落では、お米をつくている方が多いので、収穫時には日本らしい光景をみることができます。稲が規則正しくかけられている情景と山々が調和して、とてきれいな景色です。(2015年9月下旬撮影)




おかげさまで、健汰も無事に1歳を過ぎて日に日に大きくなっています。里芋も(当農場にしては)大きくなったので記念撮影。(2015年10月初旬撮影)




[秋の畑の様子その1]左から、サニーレタス、白菜、玉ねぎ・にんにくのマルチ。当農場では、玉ねぎ・にんにくは、じゃがいもの後作にするのが定番。量的にも時期的にも丁度良く、無肥料での相性が良いのか毎回順調です。(2015年10月初旬撮影)




[秋の畑の様子その2]こちらは、夏穫りかぼちゃ(7月下旬収穫)の後作。かぼちゃ畝の後はマルチをとって、不耕起のまま畝を整えてにんじん作付け。畝間には大根。畝の両側には玉ねぎ苗。ちょっと専門的な話題でしょうか。。。(2015年10月中旬撮影)




いんげんも年3回にずらして作付けし、6月から10月下旬まで出荷しています。いづれの時期も食感や食味が違って美味しい。夏場はやわらかく瑞々しい、秋口は歯ごたえは出てくるが甘みが増す。(2015年10月初旬撮影)




落花生の収穫。今年は動物の被害に遭わなかったので良くとれた。当農場の場合、落花生は洗って土汚れを落とし、天日干しで十分に乾燥させます。その後、選別して保存しながら出荷します。(2015年10月中旬撮影)




枝豆の出荷準備。当農場の枝豆は昔ながらの大豆の品種なので、秋口が旬になります。豆の莢を木から外してひとつひとつ選別し、出荷しています。この作業がなかなかの苦労なのですが、この時期が旬の枝豆は特別に美味しい。(2015年10月下旬撮影)




にんじんは間引きながら収穫・出荷していますが、良い大きさになってきました。黒田五寸という固定種の品種。若いうちは葉付きで出荷していますが、この葉っぱも美味しい。さっと茹でてゴマ和え、天ぷらは美味。(2015年10月中旬撮影)





こちらはヤーコン。順調に大きくなりました。ヤーコンも花を咲かせますが、寒さの到来が早い時は見れなかったりするので、条件によって咲いたり咲かなかったりします。キクイモの花と良く似ています。ちなみにヤーコンの花の花言葉は「優しい愛」だそうです。(2015年10月中旬撮影)




比志の紅葉がはじまってきました。観光地のような派手さはありませんが、こういった景色を毎日見ながら仕事ができるのはありがたいことです。比志周辺の紅葉のピークは10月末から11月初旬頃。(2015年10月中旬撮影)





今年はヤーコン茶にトライしています。状態の良い葉を摘んで、洗って乾燥。その後、ビニール袋等を使って粗く砕き、大きい葉脈等を取除き、奇麗なふるいでふるって程よい大きさの粉状にして完成。試しにつくってみたところなかなか美味しかったので少し多めに試作することに。ハウス内には落花生も干しています。(2015年10月中旬撮影)



>> 最近の写真
>> 2015年度 春
>> 2014年度 冬
>> 2014年度 秋
>> 2014年度 夏[後半]
>> 2014年度 夏[前半]
>> 2014年度 春
>> 2013年度 冬
>> 2013年度 秋
>> 2013年度 夏[後半]
>> 2013年度 夏[前半]
>> 2013年度 春[後半]
>> 2013年度 春[前半]
>> 2012年度 冬
>> 2012年度 秋[後半]
>> 2012年度 秋[前半]
>> 2012年度 夏
>> 2012年度 春
>> 2011年度 冬


(c)若尾農場